第73回 国民体育大会 福井しあわせ元気国体第18回 全国障害者スポーツ大会 福井しあわせ元気大会

はぴりゅう

 

がんばれ!チームふくい

 いよいよ開幕まで1ヶ月を切った「福井しあわせ元気」大会に向けて、チームふくいのメンバーも最後の調整に入っています。

選手達の活動

9/24(月・祝)

福井しあわせ元気大会 結団式(アオッサ 県民ホール)

 国体開幕まであと5日と迫った3連休の最終日、こちらも開幕まで1ヶ月を切った障スポの福井県選手団結団式が行われました。

 オープニングは、はぴねすダンス。車いすのダンサーも、華麗なターンで観客を沸かせました。

  • P9240009.JPG
  •  

 各競技の代表がステージにあがり、順に障スポに向けた意気込みを伝えると、会場からは何度も大きな拍手が起こっていました。

  • P9240017.JPG
  • P9240027.JPG

  •  

 実行委員会会長の西川知事から、車いすバスケットボールの北風大雅選手に団旗が手渡され、これまで選手達と一緒に練習をした県内の高校生チームや県外からのゲスト指導者、普段選手達が所属する施設の職員など、たくさんの応援メッセージが上映されました。

  • P9240035.JPG
  • P9240045.JPG

 村井哲夫選手(ソフトボール)から決意表明、齊藤雅之選手(卓球)の掛け声で全員でがんばろう三唱を行いました。
 みなさん、来月の13日(土)~15日(月)は、福井県の選手達の活躍を、ぜひ会場でご覧ください!(車いすバスケットボールは7日(日)~8日(月・祝))

  • P9240050.JPG
  • P9240057.JPG
  • P9240065.JPG
  •  

12/17(日)

障がい者スポーツ陸上競技講習会(県営陸上競技場、補助競技場)

 シドニーからリオデジャネイロまで、パラリンピック5大会連続出場・入賞、今年の世界パラ陸上では銅メダルを獲得した、走り高跳びの鈴木徹選手(SMBC日興証券)を講師に招いた講習会が行われました。

 チームふくいのメンバーのほか、陸上クラブに所属する小中学生らも参加し、高く跳ぶコツなどを教わりました。鈴木選手が背面跳びを披露すると、会場にはどよめきと拍手が溢れました。

  • DSC_0783.JPG
  •  

 最後に参加者からの質問を受ける場面では、小学生から「足を失って嫌だったことはありますか」という質問が出ました。
 鈴木選手は義足を外し、切断した足を見せてくれ、「初めて見た時に『こわい』と思ったり、驚いた反応をすることは仕方ないと思う。でも、当事者はやはり傷つくし、そのような方達(障がい者)がいることを知ってほしい」と答えていました。

  • DSC_0792.JPG
  • DSC_0800.JPG

  •  

 ちなみに、はぴりゅうも挑戦しましたが…御覧のとおりの結果でした(笑)

  • DSC_0779.JPG
  • DSC_0781.JPG
10/28(土)~30(月) 愛顔つなぐえひめ大会 (愛媛県内)

 10月28日(土)、降りしきる雨の中、愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)にて開会式が行われました。
 福井県選手団は、山崎俊太郎団長と旗手の山田哲也選手(卓球)を先頭に力強く行進し、来年の福井しあわせ元気大会のPRも行いました。

  • IMG_5325.JPG
  • IMG_5517.JPG

  •  
  • IMG_5520.JPG
  •  

  •  

 フライングディスクは、雨が降り続き、大変寒く足元も悪い中でも練習に余念がありませんでした。結果、金メダル2個、銀メダル1個を獲得しました。

  • FD練習1.JPG
  • FD練習2.JPG

  •  
  • 29高家選手_1位.JPG
  •  

  •  

 卓球(SST含む)は、全選手がメダルを獲得しました。

  • PA290609.JPG
  • PA290647.JPG

  •  

 台風の影響で中止になった競技や種目もありましたが、陸上、水泳、アーチェリーなど愛媛県内各地で福井県選手が活躍し、昨年の16個を上回る合計23個のメダルを獲得しました!

 来年の福井大会での更なる活躍に期待です!!

10/26(木) 愛顔つなぐえひめ大会 結団式(福井県庁)

 10月28日(土)~30日(月)に愛媛県で行われる第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」に出場する福井県選手団の結団式が行われました。

 福井県選手団の団旗が、藤田副知事から山崎俊太郎団長へ、そして開会式で旗手を務める山田哲也選手(卓球)に手渡されました。
 その後、選手を代表して山口智也選手(陸上)がえひめ大会への決意を表明しました。

  • DSCN1379.JPG
  • DSCN1395.JPG

 最後に、元パラリンピック金メダリストの高田稔浩氏の発声で、選手団全員で「がんばろう三唱」を唱和し、えひめ大会での健闘を誓いました。

  • 無題.png
  • DSCN1408.JPG

  •  
7/30(日) 坂井地区陸上競技会(三国運動公園)

 三国運動公園で行われた坂井地区陸上競技記録会に出場。一般の大会に参加するのは初の試みで、選手達はとても緊張していましたが、他の参加選手達と全力で競い合い、自己記録を更新する選手もたくさんいました。

 聴覚障がいのある知井祐子さんは、小学生と一緒にジャベリックスローに出場。向かい風と膝の痛みに耐えながら、ボール投げとあわせて、全6投に全力を尽くしました。
 知井さんは、2013年の東京大会で銀メダルを2個(ジャベリックスロー、走幅跳)、2014年の長崎大会では金メダルを2個(ジャベリックスロー、走幅跳)獲得しています。また、どちらの大会でもジャベリックスローで大会新記録を出しています。

  • ジャベ1.png
  • P7300205.JPG

 嶺北特別支援学校に在籍するチームふくいのメンバーも、100m競走と4×100mリレーに出場し、同年代の高校生達と競い合いました。リレーのバトンパスでは、高校生チームに負けないくらいスムーズにつなぎ、チーム新記録でゴールを駆け抜けました。ゴール後のインタビューでは、「来年の福井大会でメダルを取りたい。」と話す選手もいました。

  • P7300255.JPG
  • P7300268.JPG

 普段とは違う雰囲気に思うような結果が出せなかった選手もいましたが、この経験を糧に、まずは10月の愛顔つなぐえひめ大会に向けて練習を重ねます。

  • はぴりゅうグッズ
  • >「福井しあわせ元気」国体・障スポおもてなしキャンペーン ふくい、幸サーチ
  • 第73回国民体育大会冬季大会(山梨)
  • スケート競技会 総合成績一覧
  • 第73回国民体育大会冬季大会神奈川大会
  • アイスホッケー競技会 総合成績一覧
  • スキー競技会 総合成績一覧