第73回 国民体育大会 福井しあわせ元気国体第18回 全国障害者スポーツ大会 福井しあわせ元気大会

はぴりゅう

 

福井県の紹介

若狭町

若狭町 Wakasa Town

はぴりゅう(ご当地:若狭町)

ご当地はぴりゅう:若狭町

ふくい梅じい、わかさ梅ぼうと三方五湖を見に行くはぴっ

若狭町は、福井県の南西部にあるまちです。

平成17年3月31日に「三方郡三方町」と「遠敷郡上中町」が合併し、「三方上中郡若狭町」が誕生しました。

若狭湾国定公園の中心部にあって、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された「三方五湖」、全国名水百選「瓜割の滝」、近畿一美しい川とされる1級河川「北川」など水資源が豊富な町です。

この地の歴史は1万年以上昔の縄文時代にまでさかのぼり、「縄文遺跡」や「古墳」が数多く点在。国道303号は、かつて日本海と畿内を結ぶ「若狭街道」として多くの物や文化が行き交い、街道に沿って栄えた宿場町「熊川宿」は平成27年に日本遺産にも選ばれました。

また、福井梅発祥の地でもあり、ウメやナシなどの果物栽培が盛んなほか、民宿や旅館が多数あり、観光にも力を入れています。

wakasa_town_illustmap.png

面積 178.49km²
人口 15,175人


(出所)
面積:平成27年全国都道府県市区町村別面積調(平成27年10月)
人口:福井県の推計人口(県政策統計・情報課 平成28年3月)

特産品・お土産

福井梅、瓜割名水、熊川葛、うなぎ

観光

三方五湖(ラムサール条約登録)、若狭瓜割名水公園(瓜割の滝)、熊川宿(日本遺産)、若狭三方縄文博物館、レインボーライン

実施競技

ホームページ